福実車輌製造日報

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/18 横浜本牧

<<   作成日時 : 2016/05/23 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

先日は休みを取って行ったのに本牧はスカでした。ということで、急遽の泊まり勤務の明けを活用して本牧突撃です
相変わらず一晩泊まっても普通の人の数回分位色々ありましたが、午前中に会議も無く、ほぼサクッと上がっても午前の部は終了していて、まずはお昼ついでに片野工業の裏手から。相変わらずUV51A-35104が入場中。
画像

右下にJRコンテナっぽいのがいるのでズームしたらUV46A-30016、古いヤマトのコンテナだったんですね。
画像

かなりん通運のドライバーさんも休憩中。あれ?今日は1153レが来ているのにURを積んだトラックが・・・
画像

宇都宮行きの海コン列車は3両ながら2個のみ。
画像

画像

TRITONと汚いCAIでした。
画像

画像

到着は5個の空コンだったようです。
画像

1152レには古めの19F初期がいました。
画像

しかも非扉側エコ。
画像

主のUT1-291の後輩、UT4C-31も1152レでお仕事です。
画像

大量の農薬用20B、空コンなのか何なのか・・・まぁ今日判明したのですが、この時はよく分かりませんでした。
画像

隣の修繕待ちコンテナがいなくなって妻扉側を撮ることができました。
画像

シャトル便用コキは荷役線にいますが、車輪が錆びているので少なくとも前日の雨の日から走っていないようです。
画像

シャトル便の唯一のコキ107、851は海コンコキの荷役線にいます。交検を終えて今日の海コン到着列車で帰ってきたところでしょうか。
画像

埠頭発の返しの便を取りに行く前の入換でコキ107-851は元のシャトル便の組成に戻されました。
画像

グリーンシャトルのコンテナにも本牧発の荷を積みますが、列車に載せられないのでトレーラで東タへ先回りです。
画像

本牧ふ頭からの返しは5両フルと1個積載でした。空コン補充のため、降ろされていきます。農薬限定の20Bが留置されている20Bの山に向かえば山は空コンということになります。
画像

汎用コンテナは19D1個を除いて降ろされましたが、20Bはそのまま。返すようです。
画像

そのまま載せられたた19Dはなんだろうと思ったら検査期限が来ていました。
画像

埠頭からの列車からのコンテナ降ろしを見ていたら、トレーラで20B農薬限定が帰ってきました。おそらく埠頭からなのでしょうが、列車に間に合わなかったのか、2回往復していました。
画像

4個が片野工業行きの山の隣に置かれました。ここは本牧到着のコンテナの置き場だと思うのですが・・・返しならば余席もあるのに・・・もしや東タからトレーラで到着したのか
画像

スキンヘッドおやじの作業場には新しい作品がありました。
画像

UF15A-24ということで、前のUF16A泡よりも古いJOTです。片野工業からは同じロットの個体は減っていないようですし、どこから持ってきたんでしょう。
画像

 製作中のXactのT-80Uです。VOYAGERのエッチングスカート、砲身、各パーツを使っていますが、それって必要?ってものまでエッチング化されているので、適当に使っています。砲身はバンドから作らねばなりませんが、かっこいいです。
 あと、砲塔の周りのコンタークト5(爆発反応装甲)もエッチングだと薄くてかっこいいです。
また、機銃の弾倉なんてのも真ん中にパーツ分割が来ていて、仕上げが面倒なのでエッチングパーツから作ると楽でした。
 説明書が同一方向からの絵しかなく、分かりにくいのでロシアの写真を参考にしました。
http://www.primeportal.net/tanks/yuri_pasholok/t-80u/index.php?Page=1

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/18 横浜本牧 福実車輌製造日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる