福実車輌製造日報

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/19 横浜本牧

<<   作成日時 : 2017/04/19 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 先月は年度末で忙しくて行けなかったのですが、海コンコキも3両体制になったので、休みを取って本牧へ行って来ました。南本牧ふ頭からの道路は開通していて海コントレーラが上を通るようになり、地上側の渋滞が解消した気がします。
 シャトル便のコキ50000は定位置におらず・・・これはもし昨日走ったか
画像

 期待して本牧ふ頭駅へ行ったらいませんでした
 シャトル便、終了のお知らせです
 まぁコキ50000ならば良いですが、コキ100系をあんなたまにしか走らない運用のために確保しておくのは無駄ですからね。また繁忙期になったら来るのかもしれません。
画像

 悪い情報だけではなく、国際ふ頭への線路の復旧工事が進んでいました。
・・・枕木敷いてから線路ではなく、先に線路なんですね。
画像

 片野工業行きの山は踏切脇から臨港道路工事開始前の根岸駅寄りに戻りました。踏切脇は近くてよい面もありましたが、やはりこれくらいの距離の方が撮り易いです。
 貴重なCIMC製のUR19A青がいました。下もCIMC製のUR19Aです。
画像

 農薬用の20Bはいつも通り。特に後継のコンテナはいません。
画像

 宇都宮から帰ってきた空コンです。3両体制の影響からか、大量にいますね。
画像

 実入りの海コンです。手前が1両増結分のゴム。奥が従来からの輸入家電?です。
画像

 JOT UR青の山です。一時飽きるほどいたUR20A青がいなくなりました。半田埠頭に集合掛けられているからでしょうか。結局本牧はUR19Aで間に合っていたということで、UR20A青の後継は出てこないのでしょうか。
 UR18A-20000もいませんね。
画像

 こちらはUR18A〜UR20Aが仲良く混在しています。UR19Aピンクの増備が始まるとUR18Aも危ないでしょうか。
画像

 できては無くなるVコンテナの山です。V19Bは妻のエコマークの有無や位置が色々あるので、見かけたら記録しています。
画像

 19D/Gの山です。19Fがいませんでした。
画像

 19G-20000が増えていました。19G-21311と言われても19Dみたいで何だかピンときません。
 ドアハンドル下部の注意書きが19D-42000の最新型では減っていますが、こちらはちゃんとありますね。
画像

 そんな中19Gリニューアルも頑張っています。
画像

 19D-90006〜に期待しましたが、いませんでした。職場の最寄り駅では貨物に載っているのを見ました。
画像

 UM8Aは14だけ残っていました。
画像

 よくいる夕方発送のグリーンシャトルU48A・U49Aは代わりに全通のU49Aが来ていました。
画像

 宇都宮からの海コン列車は2両分のみでした。
画像

画像

 発送は3個でした
画像

 東タからの列車はJOT URご一行様が5両に積載、片野工業行きもいましたが、大半は本牧からの発送に備えた空コンです。ちなみにそれ以外の到着は無く、ふ頭行きが2両積載だけでした。これではシャトル便不要ですね。
画像

 片野工業は内航コンテナと海コンをメンテしていました。UR18A-20000はいましたが、これは整備するんでしょうか。
画像

 裏手にはU48Aがいました。FLが来るのを見るのは初めてです。
画像

 下は片野工業での部分補修個体ですが、エコレマークが低いです。左に環境サポートがあれば、それに上辺を合わせたものと思われますが、特に跡は無く・・・
 青帯が下まで来るのか、フレームで止まるのかも違いがあります。本来はフレームで止まるのが正みたいですね。
画像

 本牧でもたまに見かけるトラックからコンテナへの積み替えです。本牧は到着より発送の方が今は多いんでしょうね。
画像

 ふ頭から帰ってきた東タ行きの列車は空コンを本牧駅で降ろすため、三菱重工側の荷役線に入ることがあります。今日は2両分しか載っていないのでどうなることやらと思っていたら、空車の3両に本牧発のコンテナを積み始めました。
画像

 Twitterで話題になったエコレマーク左下のUR19A、ちょうど並びました。
画像

 UR19A青規格外で増えつつあるのが妻扉のJOTマーク変種です。新製時はUR19A-1021・635のように右でしたが、通風タイプの21045のように左に移動したものが全塗装個体にいます。
 妻扉のエコレマークは貼られていません。おそらく通風タイプのままの指示で貼り付けられているのだと思いますが、UV51Aとか忠実に元のデザインで整備するのに不思議です。
画像

 鉄道に載ったら話題になりそうな無蓋コンテナがいました。
画像

 スキンヘッドおやじの作業場には鈴江のドライコンテナ(中古整備)が多数いましたが、気になるものが。
 天井開きのUM22Aの親戚のような構造。某TEFU(TEPU)に似ていますが、同じではありません。
画像

 念のため銘板を見ると2011年製・・・う〜ん福島の方行ってませんでしたか
画像

 そういえば変なエコレマークの19Gがいました。これこそ適当に貼ったヤツですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4/19 横浜本牧 福実車輌製造日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる